30代はどんな基礎化粧品を使うべき?肌質に合わせたスキンケア方法とは

30代に突入すると、お肌はさまざまなトラブルに見舞われやすくなってしまいます。

そこで間違えてはいけないのが使用する基礎化粧品です。

なぜなら使う基礎化粧品を少し間違えてしまうと、逆に肌荒れがひどくなってしまうことがあるからです。

あなたも基礎化粧品を使って、肌の調子が悪化してしまったという経験はありませんか?

今回はそうした30代が基礎化粧品を使う時の選び方からおすすめの商品までご紹介していきますね。

30代が持つ肌の特徴に合わせた基礎化粧品の選び方

それではさっそく、30代が使うべき基礎化粧品の選び方から見ていきましょう。

まずは30代の肌に多い特徴からご覧ください。

  • 水分量が少ない
  • 皮脂量の減少

これらの肌の特徴によって、ハリが失われてきたり、シワやたるみが生じてしまうのです。

そのため30代になると、こうしたことを改善できる基礎化粧品が必要となってきますよ。

では、そんな基礎化粧品の選び方にはどのようなものがあるのかこれからご説明していきますね。

保湿効果が高い基礎化粧品を選ぶ

肌の水分量が少なくなりやすい30代には、保湿効果が高い基礎化粧品がおすすめです。

ちなみに保湿効果のある成分には、次のようなものがありますよ。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

保湿効果で肌に潤いが生まれることでシワやたるみの悩みを解消することができます。

30代から基礎化粧品を使おうと考えている方は、ぜひ保湿成分が配合された基礎化粧品を選んでみてくださいね。

使い続けても困難にならないものを選択する

基礎化粧品を選ぶ時に重要となるのは配合成分だけではありません。

価格が安いかどうか、または使い続けやすいかどうかというのも大事なポイントになります。

なぜなら基礎化粧品はすぐに効果が現れるわけではなく、どれだけ早くても1ヶ月ほどが経過してからやっとお肌への効果が現れ始めるからです。

ですからなるべく経済面での負担がかからない価格の商品を選び、匂いや使いやすさに問題がない商品を購入することが基礎化粧品の持続性を左右することになります。

基礎化粧品を選ぶ時は、このような続けやすさにも着目して選んでみましょう。

30代が使うべき基礎化粧品を厳選してご紹介

ここからは30代の方々へ向けて私が個人的に厳選した基礎化粧品を3つご紹介していきますね。

どれもすごくおすすめの化粧品なので、ぜひ試してみていただけると嬉しいです。

富士フィルム アスタリフト

内容量/価格 化粧水‥130ml/3,800円

乳液‥-/4,200円

美容液‥30ml/6,000円

美容成分 コラーゲン

ヒアルロン酸

ビタミンC

富士フィルムから販売されているアスタリフトシリーズは、エイジングケアに効果的です。

また、美容成分として肌のハリを助けるコラーゲンや、肌の潤いを保つヒアルロン酸などが配合されていますよ。

そういった成分がシワやたるみが目立ちやすいお肌を若々しく維持する手助けをしてくれます。

さらにその他にも、富士フィルムの化粧水には肌のシミに効果を発揮するビタミンC誘導体が配合されているので、美白肌を目指したい方にもおすすめですよ。

ディセンシア アヤナス

内容量/価格 化粧液‥125ml/5,000円

美容液‥36gl/7,500円

美容成分 ヒト型ナノセラミド

乾燥肌や敏感肌の方を対象として商品を販売しているディセンシアでは、エイジングケアができるアヤナスがおすすめです。

アヤナスの基礎化粧品にはすべて、セラミドの潤い効果がさらに強化された「ヒト型ナノセラミド」が使用されています。

そのため肌の奥深くまでセラミドの潤いが届き、肌の乾燥で生じてしまったシワやたるみの軽減をサポートしてくれますよ。

オルビス オルビスユー

内容量/価格 モイスチャー‥50g/3,000円

化粧水‥180ml/2,700円

美容成分 濃密ウォータージェリー

キーポリンブースター*

ヤグルマギク花エキス

アマモエキス

モモ葉エキス

最後に30代の方へおすすめしたい商品は、オルビスから販売されているオルビスユーです。

オルビスユーでは濃密ウォータージェリーやキーポリンブースター*など、肌にハリと潤いをもたらしてくれる独自の成分を配合しています。

ですから肌のシミやくすみ、さらには乾燥などを予防することができますよ。

また、独自成分2つを含む多くの美容成分が肌の内部からあふれるようなハリとツヤを実現してくれることでしょう。

さらにオルビスユーには基礎化粧品を使う時に気になるベタつきがほとんど無いので、初めて基礎化粧品を使おうと思っている方にもおすすめできる商品となっていますよ。

30代でも肌のお手入れは必須!スキンケアをする時のコツ

30代の方で基礎化粧品を使おうと思っている方は、スキンケアで肌をお手入れすることも忘れてはいけません。

スキンケアをしっかりと行うことで、基礎化粧品の効果がより発揮されやすくなることにつなげることもできますよ。

そこでスキンケアをする時のコツをここで少しお伝えしていきますね。

クレンジング

クレンジング剤はできるだけ洗浄力が弱く、低刺激のものを使うようにしましょう。

そしてクレンジング剤でメイクを落とす時も、力を入れすぎずに優しくサッと触って流すようにすると、肌への刺激を抑えることができますよ。

洗顔

洗顔をする時は洗顔剤を手の中でたっぷりと泡立たせ、顔に塗ります。

その後はぬるま湯ですすげばOKです。

ちなみに朝は洗顔剤を使用せずにただのぬるま湯だけを使って洗っても問題ありません。

化粧水・美容液

化粧水や美容液は手で温めてから複数回に分けて顔へ塗っていきます。

そして洗顔をした後は水分が外へ排出されてしまいやすくなるので、洗顔後はなるべく早めに化粧水や美容液を塗っておきましょう。

乳液・クリーム

乳液やクリームも化粧水・美容液と同様に、手で温めてから塗り込みます。

顔の中でも特に乾燥しやすい目や口は重ねて塗ると、お肌の調子が整いやすくなりますよ。

フェイスパック

フェイスパックは長時間付けていると、逆に肌から水分が失われてしまいやすくなります。

そのため長くても付ける時間は5分間までと決めておきましょう。

そうすることで、肌から水分が減少してしまわないままフェイスパックの効果を得ることができます。

まとめ

基礎化粧品と言っても揃えなければいけないアイテムは1つだけでなく、いくつもあります。

そうした基礎化粧品の選択をちょっと間違えてしまうだけで、逆に肌の調子が乱れてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

自分の肌質に合う最適な基礎化粧品を選び、効率的に美肌へと近づけていきましょう。